話すと長くなる   2015/02/16
クルザスです。
クルザスでリーブ(モンク
モンクでリーブ中です。

クルザスでリーブ(巴
巴術士でリーブ中です。


巴術士の討伐手帳を埋めに森に行ったところで、
柱の影に隠れてこっそりこちらを伺うイエちゃんを発見しました。
名前かくしていたのに!
俺も、コンフィグで「名前を表示しない」にすると、
誰からも名前が見えないのだと最初信じていました。
実は他の人からは丸見えです。

納得したところでイエちゃんがこんな質問をしてきました。
巴あげてるんですか?

話が長くなるから

1枚目の画像時点
黄道十二文書」のやらなくちゃいけないクルザスのリーブをやりに行きました。
ところが、何回も指令を受けに行っても指定のリーブが出てきません。

指定のリーブが出てくるまで頑張るなら、カンストしたモンクじゃなくて、
レベルの上がる巴術士でやろう。

2枚目の画像


イエちゃん 「それ違いますよ・・・・」
レオ 「そうなんです!途中で気がつきました――」


通常リーブじゃなくて、カンパニーリーブだったのです。
だからいくら通常リーブをこなしても目的のリーブは出てこないのでした。

気がついた時には巴術があとちょっとでレベルアップしそうだったので、
じゃあこのまま巴術あげしちゃおうかと思い
と言うわけです
まあ、そう言うことです。
俺的「あるある話」なんですけどね。

そして二人で出した結論。
イエちゃんとタンデム
イエちゃんが持っている謎地図やりつつ、

オオカミ狩り
俺の巴術士の討伐手帳埋めつつ、イエちゃんの斧上げもやる。
でした。


続く♪




【おまけ】
イエちゃんララと竜マメット









スポンサーサイト

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

[2015/02/16 21:00] | 新生FF14 | コメント(0) | page top
<<○"ィアゴス○ィーニ部屋 | ホーム | 「闇の世界」クリア後のあれこれ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |